過去のメールマガジン

vol.12 <2012年1月5日配信>

電子カルテ導入による効能

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ MSSニュース ◇ vol.12  2012年1月5日配信
—————————————————————————-

あけましておめでとうございます。
寒さもひとしお厳しくなってまいりましたが、お変わりありませんか。
このメルマガは、一般社団法人メディカルスタディ協会(以下MSS)主催のセミナー
にご参加いただいたドクターの皆様 お問い合わせをいただいたドクターの皆様
へお送りしております。
皆様のお役に立てましたら幸いです。ぜひ、ご愛読ください。

■ 電子カルテ導入による効能
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・・・‥‥‥‥…………
                              文/株式会社ユヤマ
                                   江上雅人

先生がたの開業をサポートさせて頂いている中で、電子カルテの導入の話になった際
に、「電子カルテは、患者さんをじっくりと診れなくなる」という意見を、最近では
ほとんど聞かれなくなりました。既に活用されている先生がたに聞くとコミュニケー
ションツールとして役立っているという意見を多く頂きます。
診療情報を、患者さんと画面を通して共有でき、薬や検査結果、画像診断結果等を見
せながら説明することによって、分かり易く、安心して頂けているようです。

電子カルテの普及が進んだ現在では、発売初期のネガティブな意見も少なくなり、
「今後、更に診療環境を良くする為には、どのように活用すればいいのか!?」
といった議論に代わってきています。

スタッフの業務効率化のツールだけでなく、地域において、最新の設備が整っている
医療機関という好印象を与えたり、地域連携ネットワークに参加する為の準備が整う
という利点もあります。最近では、さまざまな政府関連資料から「地域連携」が最重
要テーマであると伝えられています。

他にも、「承継開業の準備が整う」であったり、「カルテやフィルムの保管スペース
の問題」の解決にも繋がるという意見も頂いてます。
とある先生からは、紹介状(診療情報提供書)を作成するにあたって、「作業効率が
随分とUPした」と伺いました。
他医療機関との連携の多いクリニックでは、1日に相当数の紹介状を書きます。
紹介状には、(1)患者様の頭書き (2)傷病名 (3)紹介目的 (4)既往歴及び家族歴
(5)病状経過・検査結果 (6)治療経過 (7)現在の処方状況 などから構成されます。
これらの情報を受け取った病院の医師が読み易いように丁寧に書くとなれば、1通
あたり相当な時間を必要とされることでしょう。
これらの情報は、もともとカルテにすべて記載されている情報なので、コピーして貼
り付けられれば、簡単かつ、時間短縮に繋がり、他の作業に時間をつかうことができ
ます。

「患者様のため」にデジタル化を進めることにより、
  (1)患者様の待ち時間短縮 (2)患者様により詳しい説明が可能
   といった効果が得られる。

「スタッフのため」に、
  (1)事務業務の効率化・標準化 (2)スタッフ間でスムーズに情報共有が可能
   に繋がる。

また、先程と重複しますが、「地域医療連携のため」「将来のため」に繋がります。
これから、導入を検討される先生がたは、一度、弊社を含め、様々な方
から話を聞くことで、開業を成功に導いて頂ければ幸甚かと思います。

■ 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・・・‥‥‥‥…………

昨年度は、東日本で起こった震災は大変なことになってしまい、今尚、被災した方々
の様子を見るたび、本当に心が痛み、決して風化させてならないものと思います。
1日も早い復興を祈るばかりです。

さて、新年度も始まりましたが、2012年度の大きな話題といえば、6年に1回の
イベントである診療報酬と介護報酬の同時改定でしょう。
高齢化社会の加速も進み、元気な高齢者も増えてはいる反面、ひと度、両制度の給付
を受ける状態になれば、医療と介護は切り離せないもとのなってしまいます。手術を
終えて、退院後の在宅生活には介護が必要になり、また、慢性疾患を持ちながら施設
入所を余儀なくされる場合も多いことでしょう。患者・利用者単位で医療サービスと
介護サービスが連携する為に両制度がそれを後押しする仕組みであることを期待した
いものです。

我々MSSにおいても、来る4月15日(日)に、同時改定に対するテーマに基づき、
新規開業セミナーを開催致します。同時改定に対する医療機関様の戦略・戦術、また、
地域におけるポジショニング確保に結びつくヒントになればと企画中ですので、乞う
御期待下さいませ。

MSS関西もお蔭様で無事に新春を迎えることが出来ました。これを期に、一同一層
気を引き締めて、今後とも先生がたの御愛顧にお応えいたすよう努力いたしたいと存
じます。
本年度も、先生がたのご発展と益々のご健勝をお祈り申し上げます。

最後までお読みいただきありがとうございました。
次回の「MSSニュース」も宜しくお願いいたします。

—————————————————————————-

MSS関西では毎月第2木曜日に定例会を開催しております。

◆ 1月度定例会のご案内

 日時:1月12日(木) 17時~19時
  場所:大阪府社会福祉会館 505号室
      大阪市中央区谷町7丁目4番15号(谷町線谷町6丁目から徒歩5分)
      http://www.fine-osaka.jp/syakaifukusi/
  講演内容(予定):医療法人育歩会
           事務長 山川琢也
           「歯科医院経営」

ドクターの皆様のご参加もお待ちしております。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

【MSSニュース】

[発 行 元]一般社団法人メディカルスタディ協会 関西
       〒541-0054 大阪市中央区南本町2-6-8
       メルパシオ本町ビル6F(株式会社リチェルカーレ内)
       TEL:06-6252-6055 FAX:06-6252-6066
       URL:http://www.m-s-net.com
       E-mail:info@m-s-net.com
       担当:河守

[配信停止]メール配信の停止、配信先の変更・登録変更の変更はお手数ですが、
       以下のアドレスにご連絡ください。
       info@m-s-net.com

—————————————————————————-
Copyright(C) 一般社団法人メディカルスタディ協会 関西 All rights reserved.
※このメールマガジンの無断転載は法により禁じられています。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

会員専用ページ

中島慶八郎氏の医療ブッタ斬り

賛同ドクター

MSS関西 医院開業勉強会

MSSホームページはこちら

MSS東海ホームページはこちら

MSS九州ホームページはこちら

▲ページトップ