過去のメールマガジン

vol.73 <2017年2月2日配信>

その民間医療保険、本当に要りますか??

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ MSSニュース ◇ vol.73  2017年2月2日配信
—————————————————————————-

寒気はまだまだ退きませんが、いかがお過ごしでしょうか。
このメルマガは、一般社団法人メディカルスタディ協会(以下MSS)主催のセミナー
にご参加いただいたドクターの皆様 お問い合わせをいただいたドクターの皆様
へお送りしております。
皆様のお役に立てましたら幸いです。ぜひ、ご愛読ください。

■ その民間医療保険、本当に要りますか??
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・・・‥‥‥‥…………
                    文/株式会社アンセル インシュアランス
                                   田中良明

FP目線で見ると・・・
以下、お役に立てましたら幸いです。

全世帯の70~80%が加入していると言われる民間医療保険。
実は私自身は加入していません。
何故か?費用対効果が高くないと考えているからです。

仮に下記のケースで試算してみます。
A社 医療保険 (50歳 男性)
◇保険期間・支払期間:終身
◇保険料:5,762円/月
◇保障内容:
    入院1万円/日(120日型)
    手術5・20万円
    先進医療 技術料と同額(上限2,000万円)

シンプルな保障内容と割安な保険料が人気のA社の医療保険です。同条件では、業界
最安。
確かに毎月6,000円弱ならそんなに高くないかもしれません。
しかし、保険は長期間支払うもの。【トータルでいくら支払うのか?】この視点が
欠かせません。
男性の平均寿命が80歳、仮に30年間保険料を支払ったとすると累計で
【2,074,320円】。

対して、もらえるお金、つまり保障内容はどうか?
【入院したら】1日1万円もらえます。
入院単体で考えた場合、208日入院しなければ、もとをとる事すらできません。
昔なら大病と言われたがんですら、2週間~1ヶ月程度で退院するケースがほとんど
です。
財政が厳しい中、国も医療費を抑制しようと必死です。今後も入院の短期化・在宅
療養を推奨する政策をとる事は必然です。
そんな時代、亡くなるまでに200日を超える入院される方がどれほどいらっしゃるで
しょうか?

あえて擁護すれば、高額な先進医療の給付を受けた、何度も手術を受けたというケ
ースでは「入っていて良かった」となるかもしれません。
それでも200万円を超える給付金を受取るケースは稀です。

日本には世界に冠たる公的医療保険制度もありますし、リスクヘッジの方法として
は現行の民間医療保険の加入は効果的とは言えない気がします。
民間医療保険に支払う6,000円を毎月貯金した方が良いと思うのは私だけでしょう
か・・・

なお、この試算はどの年齢で行っても大差ない結論となります。
今後の各保険会社の商品開発に期待したいところです。

最後に【トータルでいくら支払うのか?】という視点は保険を考える上でとても重
要です。
家の次に高い買い物と言われる保険。
月々の支払いだけではなく、トータルで考える視点が大事なのは住宅ローンと同じ
かもしれません。

以上、ご参考になりましたら幸いです。

■ 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・・・‥‥‥‥…………

昨年の夏に第一子を授かりました。
様々な方のライフプランのご相談に乗ってきましたが、実際に自分自身が親になると、
これまでとはまた感じ方が違います。
実際に経験してみる事って大切ですね。

最後までお読み頂きありがとうございました。
寒い日が続きますので、お体ご自愛下さいませ。
次回の「MSSニュース」も宜しくお願いいたします。

—————————————————————————-

MSS関西では毎月第2木曜日に定例会を開催しております。

◆ 2月度定例会のご案内

 日時:2月9日(木) 17時~19時
  場所:大阪府産業創造館 5F 会議室AB
     大阪市中央区本町1丁目4番5号(中央線・堺筋線「堺筋本町駅」から徒歩5分)
     http://www.sansokan.jp/map/
  講演内容(予定):公益社団法人大阪府鍼灸師会
           副会長 南治成
           「日本における鍼灸業界の現状と未来
           ~医療業界とのかかわりを含む今後の展望~」

ドクターの皆様のご参加もお待ちしております。

—————————————————————————-

◆厚生労働省情報のお知らせ

 厚生労働省の情報をMSS関西の会員専用ページに掲載しておりますので、
  ご興味のある方は是非ご覧ください。
  また、この内容の概要を毎月の定例会でもご案内させて頂きます。
  尚、会員専用サイトのID、PWはともに mssk となります。

 厚労省資料:http://www.mss-kansai.com/member/mhlw/

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

【MSSニュース】

[発 行 元]一般社団法人メディカルスタディ協会 関西
       〒541-0053 大阪市中央区本町4-1-7
       第二有楽ビル2階(株式会社リチェルカーレ内)
       TEL:06-4964-1517 FAX:06-4964-1518
       URL:http://www.mss-kansai.com/
       E-mail:info@mss-kansai.com
       担当:河守

[配信停止]メール配信の停止、配信先の変更・登録変更の変更はお手数ですが、
       以下のアドレスにご連絡ください。
       info@mss-kansai.com

—————————————————————————-
Copyright(C) 一般社団法人メディカルスタディ協会 関西 All rights reserved.
※このメールマガジンの無断転載は法により禁じられています。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

会員専用ページ

中島慶八郎氏の医療ブッタ斬り

賛同ドクター

MSS関西 医院開業勉強会

MSSホームページはこちら

MSS東海ホームページはこちら

MSS九州ホームページはこちら

▲ページトップ