過去のメールマガジン

vol.61 <2016年2月1日配信>

キッズスペースについて考える

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ MSSニュース ◇ vol.61  2016年2月1日配信
—————————————————————————-

寒気はまだまだ退きませんが、いかがお過ごしでしょうか。
このメルマガは、一般社団法人メディカルスタディ協会(以下MSS)主催のセミナー
にご参加いただいたドクターの皆様 お問い合わせをいただいたドクターの皆様
へお送りしております。
皆様のお役に立てましたら幸いです。ぜひ、ご愛読ください。

■ キッズスペースについて考える
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・・・‥‥‥‥…………
                             文/株式会社キノシタ
                                   清水良樹

近年、様々な施設にキッズルーム、キッズスペースが設けられています。
ショッピングモールや大型スーパーなどはもちろんのこと、ホテルや旅館、自動車デ
ィーラー、携帯ショップ、カラオケ店や居酒屋など。

子育て環境の問題が世間の関心を集めている今、安心してお子様を連れて行ける場所
であることが、集客のための大きなアピールポイントとなっています。
クリニックにおいてもそれは例外ではありません。
小さいお子様がいるため、余程の症状でないと病院には行かないという人も多いでし
ょう。
キッズルームそのものはお子様のための設備ではありますが、何も小児専門の診療科
だけが必要とするものではなく、大人が安心して子供同伴で行ける場所であるために、
キッズスペースは必要とされているのです。

もちろんその対象は若いママやパパだけのことではありません。共働きの家庭が多い
地域では、日中は祖母や祖父が育児を任されているというケースも増えています。高
齢者が対象となる診療科でも無関心ではいられないのではないでしょうか。
子供を連れていても安心して受診できるということが、患者様にとって医院選びの一
つのポイントとなることは間違いありません。

では実際にどのようなキッズスペースが必要でしょうか。

患者様の安心のために設けるキッズスペース、まずは安全であることが第一です。
柔らかいマットや囲いのベンチだけではなく、テレビ台や本棚、柱や窓枠といったも
のへのカバーも一考の余地があります。
仕切りは大人の目が届く低いもので、子供の姿が確認できるほうがいいでしょう。
衛生的であることはもちろんですので、日常的にお掃除やお手入れがしやすい素材で。
明るく清潔感があるとお母さんも安心です。

小児専門でなければ、子供たちが大騒ぎしてしまうような大型の遊具は必要ないよう
に思います。スペースもとりますし、本来の使用方法で子供が遊ぶとは限りません。
子供サイズのイスやベンチを用意して、絵本などで大人しく待てる環境をつくってあ
げてもいいかもしれません。
すべてが自分の目線より高い大人サイズの空間にいるよりも、お子様も疲れずリラッ
クスして待ち時間を過ごせるでしょう。
「キッズスペースにいると大人しく待てる」というのが、保護者にとってうれしいこ
とではないでしょうか。

子供に優しい医院のイメージは、他の患者様の不安な気持ちも和らげてくれるもので
すよね。

■ 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・・・‥‥‥‥…………

すでにキッズスペースを設けていらっしゃるクリニック様も多いでしょうが、マット
やベンチが破れたり汚れたりしていませんか?
本文でも述べましたが、不衛生に見えるとせっかくのキッズスペースも台無しです。
新調するのではなく、生地を新しく張り替えるだけでも新品のように張りが生まれ、
空間に新鮮な印象を与えることができます。待合ソファなども同様です。
ぜひ一度見直してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。
次回の「MSSニュース」も宜しくお願いいたします。

—————————————————————————-

MSS関西では毎月第2木曜日に定例会を開催しております。

◆ 2月度定例会のご案内

 日時:2月4日(木) 17時~19時
  場所:大阪府産業創造館 5F 会議室AB
     大阪市中央区本町1丁目4番5号(中央線・堺筋線「堺筋本町駅」から徒歩5分)
     http://www.sansokan.jp/map/
  講演内容(予定):株式会社疲労科学研究所
           代表取締役 倉恒邦比古
           「疲労・ストレス測定の詳細とストレスチェック義務化について」

ドクターの皆様のご参加もお待ちしております。

—————————————————————————-

◆厚生労働省情報のお知らせ

 厚生労働省の情報をMSS関西の会員専用ページに掲載しておりますので、
  ご興味のある方は是非ご覧ください。
  また、この内容の概要を毎月の定例会でもご案内させて頂きます。
  尚、会員専用サイトのID、PWはともに mssk となります。

 厚労省資料:http://www.mss-kansai.com/member/mhlw/

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

【MSSニュース】

[発 行 元]一般社団法人メディカルスタディ協会 関西
       〒541-0053 大阪市中央区本町4-1-7
       第二有楽ビル2階(株式会社リチェルカーレ内)
       TEL:06-4964-1517 FAX:06-4964-1518
       URL:http://www.mss-kansai.com/
       E-mail:info@mss-kansai.com
       担当:河守

[配信停止]メール配信の停止、配信先の変更・登録変更の変更はお手数ですが、
       以下のアドレスにご連絡ください。
       info@mss-kansai.com

—————————————————————————-
Copyright(C) 一般社団法人メディカルスタディ協会 関西 All rights reserved.
※このメールマガジンの無断転載は法により禁じられています。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

会員専用ページ

中島慶八郎氏の医療ブッタ斬り

賛同ドクター

MSS関西 医院開業勉強会

MSSホームページはこちら

MSS東海ホームページはこちら

MSS九州ホームページはこちら

▲ページトップ