医療、医院、病院、福祉、歯科医院、研修、の専門家 / 一緒に地域医療に貢献しませんか?病院、医院、歯科医院、介護、福祉のエキスパート

スタッフとのミッションの共有

vol.24 <2013年1月4日配信>
スタッフとのミッションの共有

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ MSSニュース ◇ vol.24  2013年1月4日配信
—————————————————————————-

謹んで新年のお慶びを申し上げます。
このメルマガは、一般社団法人メディカルスタディ協会(以下MSS)主催のセミナー
にご参加いただいたドクターの皆様 お問い合わせをいただいたドクターの皆様
へお送りしております。
皆様のお役に立てましたら幸いです。ぜひ、ご愛読ください。

■ スタッフとのミッションの共有
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・・・‥‥‥‥…………
                                株式会社葵調剤
                            業務推進部長 水野泰宏

開業している先生はもちろん経験していると思いますが、これから開業される先生に
とって苦労することの一つにスタッフの教育があります。
現在は患者様が病院・クリニックを選ぶ時代です。先生の評判が大事なのはもちろん
ですが、スタッフのクオリティも必要になってきています。

しかし、クオリティを上げようとしても診察中はスタッフ全体に細かく指示や注意を
することは難しいです。
やはりスタッフが自ら患者様のために動くようにしなければいけません。
先生が理想の医療を掲げても、スタッフに伝わってなければ患者様まではしっかり届
きません。

ではどうすればスタッフに伝わるのかといえば、クリニックの存在理由(ミッション)
は何かをはっきりとさせることです。
ミッションというのは、自分たちの存在理由は何か、ということです。

自分たちは何のためにいて、何をしようとしているのか。
「患者様の痛みを取り除く」、「患者様のQOLを今日より少しでも改善する」
「患者様の笑顔を取り戻す」など、わかりやすくてシンプルなのがいいと思います。

常にその原点に立ち返ることによって、マニュアルにとらわれないサービスができる
ようになり、自ら動き出してくれるようになります。

開業準備に入ると、内装等の打ち合わせで何かと忙しくなります。
できれば今から開業に向けて、先生の「ミッション」をゆっくり考えてみてはいかが
でしょうか?

■ 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・・・‥‥‥‥…………

明けましておめでとうございます。
昨年は結婚、長男誕生と私生活は忙しい1年でした。
今年は飛躍の年と毎年、自己暗示をかけて迎えています。
皆様も飛躍の年になりますよう、心より願っております。

最後までお読みいただきありがとうございました。
次回の「MSSニュース」も宜しくお願いいたします。

—————————————————————————-

MSS関西では毎月第2木曜日に定例会を開催しております。

◆ 1月度定例会のご案内

 日時:1月10日(木) 17時~19時
  場所:大阪府産業創造館 6F 会議室E
      大阪市中央区本町1丁目4番5号(中央線・堺筋線「堺筋本町駅」から徒歩5分)
      http://www.sansokan.jp/map/
  講演内容(予定):シンクタンク藤原事務所
           岩松正史
           「傾聴講座」

ドクターの皆様のご参加もお待ちしております。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

【MSSニュース】

[発 行 元]一般社団法人メディカルスタディ協会 関西
       〒541-0053 大阪市中央区本町4-1-7
       第二有楽ビル2階(株式会社リチェルカーレ内)
       TEL:06-4964-1517 FAX:06-4964-1518
       URL:http://www.mss-kansai.com/
       E-mail:info@mss-kansai.com
       担当:河守

[配信停止]メール配信の停止、配信先の変更・登録変更の変更はお手数ですが、
       以下のアドレスにご連絡ください。
       info@mss-kansai.com

—————————————————————————-
Copyright(C) 一般社団法人メディカルスタディ協会 関西 All rights reserved.
※このメールマガジンの無断転載は法により禁じられています。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

▲ TOP