医療、医院、病院、福祉、歯科医院、研修、の専門家 / 一緒に地域医療に貢献しませんか?病院、医院、歯科医院、介護、福祉のエキスパート

質問の質で経営が変わる

vol.112 <2020年5月7日配信>
質問の質で経営が変わる

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ MSSニュース ◇ vol.112  2020年5月7日配信
—————————————————————————-

初夏を思わせる陽気になりましたが、いかがお過ごしでしょうか。
このメルマガは、一般社団法人メディカルスタディ協会(以下MSS)主催のセミナー
にご参加いただいたドクターの皆様 お問い合わせをいただいたドクターの皆様
へお送りしております。
皆様のお役に立てましたら幸いです。ぜひ、ご愛読ください。

■ 質問の質で経営が変わる
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・・・‥‥‥‥…………
                               文/株式会社CVC
                                   牧草大輔

多くの病院・クリニックでは物資の品薄により十分な対策が取れない中、日々ご対応
いただいており感謝申し上げます。
感染リスクとの戦いに加えて、レセプト枚数の減少とスタッフマネージメントの課題
等。
経営の先行き不安を感じられている院長・理事長の声を多く聞くことになってしまっ
ています。
そんな中、医療従事者の皆様の使命感の高さとお姿に日々感謝致しております。
本当にありがとうございます。

院長・ドクターが本業に集中できるための一つ。
クリニックのスタッフ教育において脳科学的視点についてお話しさせていただきま
す。
多くの研修でクリニックをもっと良くするために
スタッフに、クリニックでの改善すべき言動や行動を自問させたり、
足りないところや、悪いところを指摘し改善させることがあります。
するとスタッフは自身だけでなくクリニックの
足りないところと悪いところを探し出すようになります。
脳は一方向への思考に傾きやすいのです。
気がつくとスタッフは自身やクリニックの改善ではなく
悪いところを言い合いし始めます。

それでは良くならないばかりか
そこで働く誇りもなくなり
退職者を増やす結果に繋がることが多いです。

脳の取り扱いを知ると質問の質も変わり
働く環境も人間関係もクリニックも変わります。

クリニックの良かった探しと院長の良かった探し
スタッフの良かった探しをしませんか?
そうすることで脳の中に改めて気づいた「良いところ」を
インストールすることになります。
するとクリニックがとても楽しい雰囲気になります。
上機嫌なクリニックは患者も緊張しなくて良くなります。

そんなクリニックにするには
スタッフへの質問は2つ
・クリニックの良いところはどこですか?
・あなたが工夫しているところは何ですか?

我々は日常の様々な出来事において「ポジティブ」な感情と「ネガティブ」な感情を
感じます。
一つの出来事を瞬時にポジかネガに潜在意識で判断します。
ネガティブな出来事とはネガティブな出来事があったわけではなく
「今の自分」にとって都合が悪いことを
ネガティブな出来事と感じます。
ただし、その出来事は「未来の自分」にとっては必要な出来事だったりします。

あの時の失敗があったから今がある。
あの時の出来事が今の自分を作っている。
ということもあります。
出来事の多くは、視点や時間や環境を変えれば
ネガティブもポジティブも両方あることが多いです。

出来事の良かったことに視点を向けてみることで難局を乗り越えられることもありま
す。

数年後には
新型コロナが流行ったから今となっては良かったこと
新型コロナが流行った時に気づいて良かったこと。
そんなことも多いのではないでしょうか?

新型コロナが流行って良いことなんかありましたか?
視点を変えてみることで新しい発見があります
とは言え、早く本業に集中できる環境になって欲しいものです。

■ 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・・・‥‥‥‥…………

人はつながりの中で生きています。
人と人。人とモノや出来事。そして今は見えない世界とのつながり。
その、つながりの中にある「未消化」「未解決」のまま放置している問題が
経営の現場やスタッフとのコミュニケーションに現れ
そのスタッフの患者への対応に現れ売り上げや資金繰りに現れます。
家族の関係にも表れます。目を瞑り続けて良いのでしょうか?
今、生きる軸を試されているように感じています。
そして、人と人とのつながりをとても嬉しく感じています。

最後までお読みいただきありがとうございました。
次回の「MSSニュース」も宜しくお願いいたします。

—————————————————————————-

MSS関西では毎月第2木曜日に定例会を開催しております。

◆5月度定例会中止のお知らせ

 5月14日に予定しておりました、5月度定例会に関しましては、
  昨今の新型コロナウィルスの拡散防止の観点から自粛する事にしました。
  尚、予定しておりました、平村講師による
  「2020 マインドフルネス瞑想:スペシャル講座」は、
  収録による動画配信を予定しております。
  配信方法等に関しましては、追ってご連絡致しますので
  お待ち頂きます様お願い申し上げます。

 何卒、ご理解・ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

【MSSニュース】

[発 行 元]一般社団法人メディカルスタディ協会 関西
       〒541-0053 大阪市中央区本町4-8-1
       SD本町ビル702号室
       TEL:06-7878-8114 FAX:06-6281-0085
       URL:http://www.mss-kansai.com/
       E-mail:info@mss-kansai.com
       担当:河守

[配信停止]メール配信の停止、配信先の変更・登録変更の変更はお手数ですが、
       以下のアドレスにご連絡ください。
       info@mss-kansai.com

—————————————————————————-
Copyright(C) 一般社団法人メディカルスタディ協会 関西 All rights reserved.
※このメールマガジンの無断転載は法により禁じられています。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

▲ TOP