医療、医院、病院、福祉、歯科医院、研修、の専門家 / 一緒に地域医療に貢献しませんか?病院、医院、歯科医院、介護、福祉のエキスパート

スタッフが輝ける「居場所」づくり

vol.107 <2019年12月5日配信>
スタッフが輝ける「居場所」づくり

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ MSSニュース ◇ vol.107  2019年12月5日配信
—————————————————————————-

今年もおしせまってまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか。
このメルマガは、一般社団法人メディカルスタディ協会(以下MSS)主催のセミナー
にご参加いただいたドクターの皆様 お問い合わせをいただいたドクターの皆様
へお送りしております。
皆様のお役に立てましたら幸いです。ぜひ、ご愛読ください。

■ スタッフが輝ける「居場所」づくり
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・・・‥‥‥‥…………
                       文/新経営サービス清水税理士法人
                          医療介護コンサル 大谷内裕

6530万人 → 5245万人
突然ですが、この数字の変化は何を示しているかお分かりでしょうか?

労働力人口(15歳以上で働いているか仕事を探している人の数)の推移を表してい
ます(日本経済新聞2019年1月15日記事 厚生労働省発表「労働力人口」より
  2017年実績→2040年推定)。

職場に5人いれば、約20年後には自然減で4人になるとの計算です。これは、現在
の人手不足に拍車をかけており、2040年では働き手は減っても高齢者人口は変わ
らないため、小規模事業所である医療介護現場にとって、死活問題と言わざるを得ま
せん。

私の担当している経営者の方もスタッフの問題は、大小それぞれありますが苦労され
ています。先日も急なスタッフの退職に対応をせざるを得ず、業務に打ち込めない状
況でした。一方で、採用・人材には全く困ったことがありませんという事業所も存在
しています。

違いは何か、根本的に何が起こっているか、経営者の方の頭の片隅に入れておいて頂
きたいことがあります。

1)労働者の売り手市場、SNSの発達による「いつでも職場を変えられる」客観的状況
2)経営改善(労働環境改善)やスタッフファーストを掲げる事業所の存在
3)労働者は働きがいや生涯研修、「活躍する居場所」を大切にしている事実

上記3点について説明をします。
1)人手不足の現在、他にいくらでも働き口がある状況、SNSの口コミ等であえて評判
の悪い職場を選ぶ人はいません。経営者の言うことを聞けばよいとの姿勢では、スタ
ッフは躊躇なく職場を去ります。患者・利用者に評判のいい医療介護事業所もスタッ
フの多大な犠牲の上に成り立っているならば、人員不足倒産や一斉退職を引き起こす
など、考えておく必要があります。

2)スタッフの労働環境に耳を傾け経営改善されている事業所はおのずと働きやすい職
場となり、選ばれやすくなります。女性が多い職場なため、「パウダールーム」を設
置する事業所もあります。また、業務内容別の公正で納得のいく評価・給与決定を行
う「人事評価制度」導入は、補助金があるため小規模事業所であっても導入しやすく
なっています。他にも、人手不足対策や事務作業時間短縮のため、AI問診や介護カル
テの導入、サービスの需要変動性を解消するWEB受付などのIOT活用も働きやすさ対策
に有効です。

3)事業所を選ぶ基準では「通勤が便利」に次いで「やりたい職種・仕事内容」となっ
ており「賃金の水準が適当」を大きく上回る結果となっています。スタッフの誰もが
自ら「活躍できる居場所」を求めています。この「居場所」づくりのためにも、スタ
ッフ毎に合った仕事づくりや目標設定、全スタッフミーティングでの意思交流をお勧
めしています。

これまでみたように、労働環境は大きく変化しています。医療介護の現場では、多く
の場合、経営者や管理者の方もプレイングマネージャーなため、マネージメント業務
が負担に感じられるとは思います。そうであっても、スタッフ一人ひとりを大切に
し、スタッフが輝いてやりがいをもって働く「居場所」づくりができたなら、最終的
には大きく生産性を向上させ、事業所の業績が伸び、さらなる人を呼び寄せる魅力あ
る職場にできるのではないでしょうか。

■ 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・・・‥‥‥‥…………

ここ数年、キャンプブームにのって、週末は家族とキャンプ地へと赴きます。小学校
4年になる息子とは、あと何回行けるのかなと心寂しくもあり、様々なことができる
ようになってきて、成長を実感する機会にもなっています。

最後までお読みいただきありがとうございました。
次回の「MSSニュース」も宜しくお願いいたします。

—————————————————————————-

MSS関西では毎月第2木曜日に定例会を開催しております。

◆ 12月年末特別講演会のご案内

 12月はいつもの定例会とは違い、「年末特別講演会」を開催いたします。

 日時:12月12日(木) 17時~19時(受付 16:40~)
  場所:太閤園 ゴールデンホール
     大阪市都島区網島町9-10
     ・JR東西線大阪城北詰駅(3号出入口)より 徒歩1分
     ・京阪京橋駅(片町口)より 徒歩7分
     ・地下鉄長堀鶴見緑地線京橋駅(2番出口)より 徒歩5分
     https://www.taiko-en.com/
  講演内容:長谷川 豊 様
       「伝わるように伝える技術」
  懇親会:円卓着席のビュッフェ形式(費用 お一人様 5,000円)
      「豪華景品が当たる大ビンゴ大会」

 スポット参加大歓迎!
  お知り合いの方にも是非ご案内ください。

ドクターの皆様のご参加もお待ちしております。

—————————————————————————-

◆厚生労働省情報のお知らせ

 厚生労働省の情報をMSS関西の会員専用ページに
  掲載しておりますので、ご興味のある方は是非ご覧ください。
  また、この内容の概要を毎月の定例会でもご案内させて頂きます。
  尚、会員専用サイトのID・PWはともに mssk となります。

 厚労省資料:http://www.mss-kansai.com/member/mhlw/

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

【MSSニュース】

[発 行 元]一般社団法人メディカルスタディ協会 関西
       〒541-0053 大阪市中央区本町4-8-1
       SD本町ビル702号室
       TEL:06-7878-8114 FAX:06-6281-0085
       URL:http://www.mss-kansai.com/
       E-mail:info@mss-kansai.com
       担当:河守

[配信停止]メール配信の停止、配信先の変更・登録変更の変更はお手数ですが、
       以下のアドレスにご連絡ください。
       info@mss-kansai.com

—————————————————————————-
Copyright(C) 一般社団法人メディカルスタディ協会 関西 All rights reserved.
※このメールマガジンの無断転載は法により禁じられています。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

▲ TOP